30超えたオッサンのためのボクシング上達サイト

ボクシングトレーニング

ボクシングトレーニングの一覧


当サイトに掲載しているボクシングトレーニングの一覧です。

プロテストは33歳の誕生日をむかえる前日までに申し込みをすれば
誰でも受けることができます。

日程に余裕をもって、着実にトレーニングを重ねましょう!

ボクシングトレーニング記事一覧

ボクシングフォームの基本

まずはボクシングの基本であるフォームからです。ボクサーの体系的な長所や短所だけではなく、インファイターやアウトボクサーなど、戦い方のスタイルによっても変わってきます。ですがまずは、ボクシングジムにて一番最初に教えられるであろう、最も基本的なフォームについて説明しますね。なぜなら、ここで言うフォームが...

≫続きを読む

 

ジャブの練習方法と活用方法

「左を制するものは世界を制す。」という言葉を、あなたも一度は聞いたことがあると思います。それだけ重要なパンチです。ジャブはボクシングで一番最初に覚えるパンチであり、もっとも重要なパンチといってもいいでしょう。ジャブは攻撃の活路を開いていくだけでなく、相手の攻撃をいち早く潰すことなど、攻守にわたって使...

≫続きを読む

 

ストレートの練習方法と活用方法

ストレートは簡単なようで意外と難しいパンチです。しっかりと腕と肩が伸びて打てるように、心がけましょう。まず、基本のフォームから、右足を半歩前に出し、腰を右に回転させながら右拳を突き出します。この時しっかりと右足のつま先で地面を捉え、打ってください。前のめりになるなどして、つま先が浮いた状態になってし...

≫続きを読む

 

フックの練習方法と活用方法

フックは一見簡単そうなパンチですが、しっかりと打つのは難しいパンチです。まず、構えた状態から腰を少し回転させ左拳を引きます。この時、右腕は脇をしめて、しっかりと顔をガードしときましょう。肩、ヒジ、拳が同じ高さになる軌道で左足を内側に回し入れながらガードしている右腕を中心として、腰と肩を回してフックを...

≫続きを読む

 

アッパーの練習方法と活用方法

アッパーは、単発では”まず当たることの無い”パンチです。実践で使う場合、コンビネーションの中に入れて使うことが多いパンチとなるでしょう。決めのパンチとしてではなくアッパーを相手のアゴに当て、頭が上に上がったところを狙って、ストレートやフックで決めにいくという流れもアリです。シャドーやスパーで、アッパ...

≫続きを読む

 

縄跳び(ロープ)の練習

縄跳びは、ボクシングにおいての持久力、リズム感、フットワークを鍛えるために重要なトレーニングです。縄跳びは「ロープ」という名前で練習メニューに入っています。トレーニングの一番最初にウォーミングアップもかねたトレーニングですね。しかしこの縄跳びは、ボクシングを始めてばかりの人には大変キツイ練習になりえ...

≫続きを読む

 

シャドーの練習

鏡の前で行うシャドーボクシングは、自分のフォームを確認するために行います。世界チャンピオンでも必ず入念に行う、重要な練習です。このシャドーには主に二通りあり、鏡の前でしっかりとフォームを確認するシャドー。そして、相手をイメージして行うシャドーです。しかし、ボクシングを始めたばかりで、スパーリングもし...

≫続きを読む

 

サンドバッグでの練習

サンドバッグはスタミナやパンチ力を鍛えるのにかなり効果的な練習です。また、サンドバッグの形状によっても練習目的が違ってくるので意識して練習するようにすると、より効果的になってきます。ここでは、サンドバッグを使っての練習を解説します。重いサンドバッグを使う際は、よりパワー重視でしっかりと打ち込みましょ...

≫続きを読む

 

パンチングボールの練習

パンチングボールはシングル(吊るしてあるタイプ)と、ダブル(上下で引っ張ってあるタイプ)の二種類があります。シングルとダブル。どちらか1つしかないジムもあると思いますが、それぞれ練習の目的を理解して取り組んでいきましょう。シングルのパンチングボールはパンチのリズムを養うために使います。基本は打つ、跳...

≫続きを読む

 

ミット打ちの練習

ミット打ちはトレーナーの指示に従いながら、パンチを打つ練習です。トレーナのミットにパンチを打ちながら悪いところなどを指摘してもらい改善していく練習になります。また、ミット打ちは実戦での距離感を養うことが出来ます。慣れてくれば、トレーナーがミットを使って反撃をしてくる練習もしていくでしょうから、しっか...

≫続きを読む

 

マスボクシングの練習

マスボクシングは寸止めのスパーリングです。スパーリングやライトスパーリングは相手にパンチを当てますが、マスボクシングは相手にパンチを当てることはありません。パンチを当てないからといって適当にならず、目的意識を持って集中して行いましょう。コンビネーションや距離感を養うのにも重要な練習です。また、スパー...

≫続きを読む

 

スパーリングの練習

スパーリングは、もっとも実戦に近い練習です。スパーリングにはライトスパーと言われる加減しながら行うものと、お互いに100%の力で行うものと、2つあります。大きめのグローブとヘッドギアをつけて行いますが、はじめての「殴り合う練習」ですので最初はかなり戸惑うはずです。パンチがくると怖いですが、しっかりと...

≫続きを読む

 

ブロッキングの方法と活用方法

ブロッキングとは、一言で言ってしまえば通常のガードです。ガードなんて相手に合わせて守っていればいい、または腕をあげて顔を守っておけばいいなんて思ってしまいがちですが、実践でやって見るとなかなか難しいものです。例えば相手がワン・ツー・フックと打ってきた時、相手はツーのストレートを強く打って、こちらの意...

≫続きを読む

 

ダッキングの練習と活用方法

ダッキングはヒザの上下運動で相手のパンチをよけるディフェンスです。ヒザを曲げ腰を落として相手のパンチをよけます。相手に対して期を見て行い、ボディにパンチを打ち込むのが効果的です。リーチの短い選手が、相手の懐に飛び込むために行うディフェンスとしても、よく使われます。スキのあまりないジャブに対して行うの...

≫続きを読む

 

パーリングの練習と活用方法

パーリングは、相手が打ってきたパンチを払い落とす、ボクシングのディフェンス技術のひとつです。主にジャブやストレートといった直線的なパンチに使います。効果的に使えるようになるよう練習していきましょう。ジャブやストレートなど、直線的なパンチを正面から受け止めることは難しいですが、そのような直線的なパンチ...

≫続きを読む

 

スウェーバックの練習と活用方法

スウェーバックは相手のパンチを誘い、パンチが来たところを後方に、上半身をそらしてよけるディフェンスです。コンパクトにそしてスムーズにできるようになるまで練習しましょうパンチが空振りするとスタミナの消費が増すので、かなり有効なディフェンスになります。また、ストレートやフックなど、色々なパンチにあわせる...

≫続きを読む

 

ウィービングの練習と活用方法

ウェービングは常に上半身を前後左右に動かしつづけるディフェンスの方法です。ダッキングなど他のディフェンスと違い、相手のパンチに反応するのではなく、的を絞らせないためにも使っていきましょう。また、上半身だけを動かすのではなく、下半身をしっかり使って動きましょう。上半身で左右の動きを。下半身で上下の動き...

≫続きを読む

 

サイドステップの練習と活用方法

相手のパンチに合わせてサイドに周り込みながら、自分の攻撃などにつなげるステップです。相手のパンチがギリギリとどかない位置や、ウェービング、ダッキングなど、他のディフェンスと併用するといいでしょう。基本は半歩ずつ動きます。あまり移動しずぎると体が振られすぎてしまい、こちらのパンチがなかなか打てない、ま...

≫続きを読む

 

バックステップの練習と活用方法

バックステップは相手との距離をとり、パンチが届かない位置まで移動するステップです。相手に猛攻を受けた時や、ハードパンチャーにパンチをもらってしまった時など、いったん試合のペースを仕切りなおすためにも使います。パンチを喰らいあなたがバックステップをした時は、相手も攻め込んでくる可能性が非常に高いです。...

≫続きを読む

 

ステップインの練習と活用方法

ステップインは基本のフォームを崩すことなく、素早く相手に近づく移動方法です。相手のスキを見て飛び込んだり意表を突いたり、ペースを掴まれることを防いだり。さまざまな使い方ができると思います。ステップインでもサイドステップでもそうなのですが、ステップ後にバランスを崩さないようにしましょう。基本のフォーム...

≫続きを読む

 

ヘッドスリップの練習方法と活用方法

ヘッドスリップは相手のパンチを顔や頭にもらいそうになった時頭を動かし滑らせるようによけるディフェンスの技です。多くの人は実践で慣れる間に身についてくる技だと思いますがここではそんなヘッドスリップについてです。ヘッドスリップは基本的に相手のパンチの外側へよけます。左右だけではなく、背中を丸めて前かがみ...

≫続きを読む

 

ボディの練習方法と活用方法

ボディへのパンチは打つ時の間合いが近いので、どうしても手打ちになりがちです。しっかりと体の力を使ってパンチを打ちにいきましょう。相手のパンチを交わしながらみぞおちへと打ちこむ技術もあります。オーソドックススタイルから左拳でのボディの打ち方は、まず基本のフォームから左足を半歩前に出し、左拳を引きます。...

≫続きを読む

 

コンビネーション練習方法と活用方法

コンビネーションは、打てるパンチの数や、連続で打つ回数によって、かなりの数があります。相手のガードによっても、打つパンチは変わってきますね。しかし、どのコンビネーションにも言えることは、一つ一つのパンチをしっかりと打つことです。速いだけのコンビネーションのパンチの場合、速さはありますが、しっかり打て...

≫続きを読む

 

減量について

ボクシングといえばやはり減量は、無視できないものの一つです。ボクシングをやったことがないという人には「苦しい減量」というイメージとセットになっている人も多いです。ボクサーが試合前に減量で苦しんでいる様子など、テレビやアニメなどで見ることがあります。計量前は何日も飲まず食わず、なんてことを想像する人も...

≫続きを読む

 
スポンサーリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ ボクシングジムリンク集