ジャブの練習方法と打ち方

ジャブの練習方法と活用方法

ジャブの練習方法と活用方法

「左を制するものは世界を制す。」という言葉を、
あなたも一度は聞いたことがあると思います。

それだけ重要なパンチです。

ジャブはボクシングで一番最初に覚えるパンチであり、
もっとも重要なパンチといってもいいでしょう。

ジャブは攻撃の活路を開いていくだけでなく、
相手の攻撃をいち早く潰すことなど、
攻守にわたって使える用途の多いパンチです。

ジャブはまず、基本のフォームをとったあと、
そこから左足を半歩前に出します。

この動作と同時に、左拳をねじり込む様に前に出してください。

この時、腕で打つのではなく上半身の回転も利用して、
肩で放り投げる様に打つと、より速く遠くにパンチがとどきます。

また、拳は握りこまずに、
当たる瞬間のみ握るようにしましょう。

ジャブを打つ時から拳を握っていると、
パンチの速度が落ちてしまいます。

ジャブを打ったら素早く同じ起動に戻し、基本のフォームに戻りましょう。

気を付ける点としては

パンチを打つ時どうしても、
反対のガードの腕が下がってしまうことが多いです。

右手はしっかりと、アゴをガードしておきましょう。
あなたがジャブを打った後に相手のパンチをもらわないよう注意です。


スポンサーリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ ボクシングジムリンク集