ダメージを与えるパンチの基本 ストレート

ストレートの練習方法と活用方法

ストレートの練習方法と活用方法

ストレートは簡単なようで意外と難しいパンチです。
しっかりと腕と肩が伸びて打てるように、心がけましょう。

まず、基本のフォームから、右足を半歩前に出し、
腰を右に回転させながら右拳を突き出します。

この時しっかりと右足のつま先で地面を捉え、打ってください。

前のめりになるなどして、つま先が浮いた状態になってしまうと、
ストレートの威力が半減してしまいます。

しっかりと、足のつま先から、
腰、肩、腕、拳へと力が伝達されるようにしましょう。

左腕はしっかりと脇をしめ、拳で顔面をガードしましょう。
ストレートは相手にダメージを与えやすいパンチですが、
逆にカウンターをもらうとかなりのダメージになってしまいます。

そして、当たる瞬間に拳を握ります。

打ち終わったら、右足を引き付け、元の基本フォームに戻ってください。

ストレートはワン・ツーのコンビネーションで打つことが多いのですが、
サウスポーの場合、単発のストレートがかなり当たります。

相手の意表をつくために、コンビネーションだけではなく、
ストレートを単発で打つ練習もすると良いでしょう。


スポンサーリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ ボクシングジムリンク集