フックの基本と練習方法

フックの練習方法と活用方法

フックの練習方法と活用方法

フックは一見簡単そうなパンチですが、
しっかりと打つのは難しいパンチです。

まず、構えた状態から腰を少し回転させ左拳を引きます。
この時、右腕は脇をしめて、しっかりと顔をガードしときましょう。

肩、ヒジ、拳が同じ高さになる軌道で左足を内側に回し入れながら
ガードしている右腕を中心として、腰と肩を回してフックを打ちます。

腕だけで打つのではなく肩を回転させ、
肩甲骨で打つ感じをイメージしてください。

フックを打つ時のヒジの角度は90度です。
相手のこめかみやアゴを狙って打ちましょう。

フックは腕の振りだけで打つと威力が大幅に落ちますから、
しっかりと体全体を使って、打つように意識してください。

フックはワン・ツー・フックのコンビネーションで使うことが多いと思います。

フックをサンドバッグで練習する時は、フックを当てる位置にストレートの拳をそえて、
ストレートの腕をガードのために引きながらフックを打つと良い練習になります。

気を付ける点

フックで最も気を付ける点は、手首です。
一歩間違えると怪我をします。

と言うのも回して打つ関係上どうしても
手首が曲がってフックを打ってしまう人がいます。

そうするとパンチの衝撃を手首で受け止めることになってしまい、
手首を傷めてしまいます。

また、拳をストレートなどと同じ水平にしたまま出すと、
一見打ちやすいのですが、
ミートするポイントが拳の最も弱い部分である小指と薬指になり、
拳を痛める原因になります。


スポンサーリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ ボクシングジムリンク集