パンチングボールの練習方法

パンチングボールの練習

パンチングボールの練習

パンチングボールはシングル(吊るしてあるタイプ)と、
ダブル(上下で引っ張ってあるタイプ)の二種類があります。

シングルとダブル。

どちらか1つしかないジムもあると思いますが、
それぞれ練習の目的を理解して取り組んでいきましょう。


シングルのパンチングボールは
パンチのリズムを養うために使います。

基本は打つ、跳ね返る、跳ね返る、跳ね返る、打つです。

最初はかなり難しいですが、根気よく練習していきましょう。
片手で出来てきたら、次は両手でも打てるようにしていきます。


ダブルのパンチグボールはパンチを打つと跳ね返ってくるので、
ディフェンスの練習とボールの動きに合わせてパンチを打つ練習が出来ます。

パンチを打てば同じ速さでボールが帰ってくるのでよけます。
そしてもう一度帰って来た時にパンチを打ちます。


慣れてきたら、

今度は帰ってくるボールにフックやアッパーを打っていきます。


しかし、これが意外と難しいんですけどね。

上手く打てないのは、動作に無駄があったり、
体重移動に無駄がある証拠です。

しっかりと修正して綺麗に打ち返せるようにしましょう。


パンチングボールで気を付ける点は、

パンチングボールは、しっかりとボールの芯を打つことが重要です。

力任せに打ったり、無理に速く打とうとせずに、
根気よく芯を狙って何度も練習しましょう。

練習の基本ですが、何度も何度もやることが大切です。


スポンサーリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ ボクシングジムリンク集