マスボクシングの練習方法と注意点

マスボクシングの練習

マスボクシングの練習

マスボクシングは寸止めのスパーリングです。

スパーリングやライトスパーリングは相手にパンチを当てますが、
マスボクシングは相手にパンチを当てることはありません。

パンチを当てないからといって適当にならず、
目的意識を持って集中して行いましょう。


コンビネーションや距離感を養うのにも重要な練習です。

また、スパーリングと違い、
身体にダメージを受けないので、
長く沢山行える実戦練習にも役立ちます。

マススパーリングでは、パンチが当たらないからといって、
ディフェンスを無視しがちの人もいますが、

しっかりとディフェンスも意識して、
ディフェンスから攻撃に移る動作なども
しっかりと身に付けましょう。


寸止めなのでどうしてもパンチの
スピードが遅くなってしまいますが、

それでも、パンチの初動が少ない人や
動きに無駄の無い人のパンチ(寸止め)は綺麗に入ります。


マススパーリングは寸止めですので、スパーリングをまだしたことが無い人は、
マススパーリングから集中的に始めることになるでしょう。

ついつい相手に近づき過ぎたりしないようにしてください。

逆の立場だとわかりますが、実際にパンチを当てる練習ではないのに
近づき過ぎてくる相手はうっとおしいです。(笑)


スポンサーリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ ボクシングジムリンク集