ダッキングの練習方法

ダッキングの練習と活用方法

ダッキングの練習と活用方法

ダッキングはヒザの上下運動で
相手のパンチをよけるディフェンスです。

ヒザを曲げ腰を落として相手のパンチをよけます。

相手に対して期を見て行い、
ボディにパンチを打ち込むのが効果的です。


リーチの短い選手が、相手の懐に飛び込むために行う
ディフェンスとしても、よく使われます。

スキのあまりないジャブに対して行うのは効果が薄いので、
相手のストレートに合わせて行うなど、工夫しましょう。

身長差があり、デカい相手と戦うときにも効果的です。
相手も嫌がりますので、期を見て飛び込んでいきましょう。


ダッキングのコツは力を抜いて腰を落とすことです。

力を抜けば腰が自然と落ちるので
相手のパンチをスムーズによけることが出来ます。


相手のストレートをダッキングで下によけると、
相手のボディーががら空きになっているので、
飛び込んでボディーを打ち込む絶好の機会にもなります。

ぜひ狙っていきましょう!


ダッキングの注意点は、下によけるという性質上、
どうしても、視線が下を向いてしまいがちです。

下を向いてしまうと相手が見えないので大変危険です。
相手から目をそらさず、ダッキングしましょう。


スポンサーリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ ボクシングジムリンク集