パーリングの練習方法とコツ

パーリングの練習と活用方法

パーリングの練習と活用方法

パーリングは、相手が打ってきたパンチを払い落とす、
ボクシングのディフェンス技術のひとつです。

主にジャブやストレートといった直線的なパンチに使います。

効果的に使えるようになるよう
練習していきましょう。


ジャブやストレートなど、直線的なパンチを
正面から受け止めることは難しいですが、

そのような直線的なパンチは横からの力に非常に弱く、
簡単にパンチの軌道を変えられてしまいます。

パンチの特徴を理解すると、
パーリングの練習異議が見えてきますよね。

通常のジムではスパー時に実践を兼ねながら
覚えていくのがほとんどかと思います。

同じ練習生と練習する機会を作ってでも
練習しておきたいディフェンスです。


パーリングの基本は、相手のパンチを内側に弾くことです。
外側に弾くと相手の次のパンチが飛んできます。危険です。

パーリングで相手のパンチを弾くと
相手のバランスが若干崩れますので、
反撃のチャンスにもなります。

攻撃に転じる機会をつくるために効果的です。


また、相手の距離をとるパンチを弾いて飛び込むのも有効です。
その時は攻撃だけではなく、ディフェンスにも注意しましょう。

パーリングの練習は、目が慣れることが重要です。

ぎりぎりパンチが当たらない距離でパンチを交互に打ち合い練習しましょう。


スポンサーリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ ボクシングジムリンク集