バックステップの練習方法とコツ

バックステップの練習と活用方法

バックステップの練習と活用方法

バックステップは相手との距離をとり、
パンチが届かない位置まで移動するステップです。

相手に猛攻を受けた時や、
ハードパンチャーにパンチをもらってしまった時など、
いったん試合のペースを仕切りなおすためにも使います。


パンチを喰らいあなたがバックステップをした時は、
相手も攻め込んでくる可能性が非常に高いです。

下がるだけではなく、攻め込まれない対策が必要になってきます。

この、相手から攻め込まれない、
こちらの懐にいれない対策として

バックステップをする時に左手を相手の顔の前に突き出しながら、下がることで
相手はあなたの左手が邪魔で攻め難くなります。

リーチの長い人は自分の利点も有効に活用してください。


そして、突き出した左手を払い除けられないように、
左腕に力を入れ、かつ、柔軟に硬くなり過ぎないように意識しましょう。

また、バックステップをする時は、
後ろに真直ぐに下がるのではなく、
斜めに後ろに下がるようにも注意してください。

斜め後ろに下がることによって、
直線的な突進をかわすことが出来ます。

後ろだけでなく左右のスペースも十分に使い、
チャンスを見出しましょう。


バックステップは相手のペースを崩すためにも使うことがありますから、
スパーに慣れてきたら、相手との心理的かけ引きにも利用してください。


スポンサーリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ ボクシングジムリンク集