ヘッドスリップの方法とコツ

ヘッドスリップの練習方法と活用方法

ヘッドスリップの練習方法と活用方法

ヘッドスリップは相手のパンチを
顔や頭にもらいそうになった時

頭を動かし滑らせるようによけるディフェンスの技です。

多くの人は実践で慣れる間に身についてくる技だと思いますが
ここではそんなヘッドスリップについてです。


ヘッドスリップは基本的に
相手のパンチの外側へよけます。

左右だけではなく、背中を丸めて前かがみになり、下にもよけることが可能です。


そしてヘッドスリップはカウンターや、
相手との間合いを詰める時などにも使用します。

そのため、ヘッドスリップだけではなく、
そこからすぐに攻撃へ移れるように意識しましょう。


ヘッドスリップは、相手のパンチをギリギリでかわすので、
最初はそうとう怖いです。

本来ならヘッドスリップだけを練習するというものではなく
マスボクシングやスパーリングをこなす中で
自然と身につけていく技なのかもしれませんね。


マスボクシング、スパーリングで
しっかりと目を慣らすことから意識していきましょう。

また、ミット打ちをする際に、ミットを持っている相手に
あなたが打った後、パンチを打ってもらい、そこで練習するのもいいでしょう。


ヘッドスリップに限った事ではありませんが、
繰り返しの練習で感覚を身につけていってください。


スポンサーリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ ボクシングジムリンク集