ボディの練習方法とコツ

ボディの練習方法と活用方法

ボディの練習方法と活用方法

ボディへのパンチは打つ時の間合いが近いので、
どうしても手打ちになりがちです。

しっかりと体の力を使ってパンチを打ちにいきましょう。

相手のパンチを交わしながら
みぞおちへと打ちこむ技術もあります。


オーソドックススタイルから左拳でのボディの打ち方は、
まず基本のフォームから左足を半歩前に出し、左拳を引きます。

そこから腰の回転を使いつつ、
斜め下方向から相手のレバーに
パンチを打ちこむ感じで打ちましょう。

また、右ストレートで相手のボディを狙う場合は、
右ストレートを打つ形を維持しつつ、腰を落とし

肩が相手のボディの高さまで落としてストレートを打ちます。

腰を落としている分、パンチがの伸びるで間合いに注意しましょう。


またこの時、目線は相手の顔を見て打つようにしてください。

目線が下に行っていると、
相手に自分がボディを狙っていることが解ってしまいます。

視線でのフェイントも上手く意識するようにしましょう。


あと、ボディを打たれ強くする方法ですが、
基本的に腹筋を鍛える他にも、
腹筋を足で踏んでもらう「腹踏み」や
大き目のグローブで殴ってもらい、鍛えるやり方があります。

腹踏みをすると、腹筋が割れやすくなるので、割りたい人にはおすすめです。

しかし、右脇腹にあるレバーは鍛えようが無いので、
しっかりと右腕でガードすることを心がけましょう。


スポンサーリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ ボクシングジムリンク集