減量について

減量について

減量について

ボクシングといえばやはり減量は、
無視できないものの一つです。

ボクシングをやったことがないという人には
「苦しい減量」というイメージとセットに
なっている人も多いです。


ボクサーが試合前に減量で苦しんでいる様子など、
テレビやアニメなどで見ることがあります。

計量前は何日も飲まず食わず、
なんてことを想像する人もいますが、
実際はそんなことはありません

もちろん時々そういった選手もいますが、完全な調整不足です。

減量は大体試合2ヶ月前から計画的に食事制限をしていきます。

量を減らす選手と、カロリーを減らす選手に分かれますが、
ベテラン選手ほどカロリーを減らしす人が多いように感じます。


また、試合が決まると練習量が増えるので、
食事制限と重なって大体5〜9キロ位体重を落とします。
もちろんそれ以上落とす選手もいます。

プロ選手は前日計量なので、
試合までに5キロ位体重を戻して試合にのぞむものです。


プロを目指すかたには関係ないかもしれませんが、

アマチュアの減量で注意する点は、
プロの試合は前日計量なので、無理な減量をしても、
計量後丸一日休んで、体調や体重を回復することが可能です。

ですがアマチュアの試合の場合は当日計量が多いので、
無理な減量をすると、完全にスタミナ切れをおこし、
ふらふらの状態で試合をすることになります。

アマチュアの場合は無理な減量はせずに、体重を適度に落とし、
ベストコンディションで試合に出れるようにしましょう。


スポンサーリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ ボクシングジムリンク集